展覧会概要

 大分県日出町出身の美術家佐藤俊造は、きわめて優れた画家です。そして、佐藤俊造は汗をかいて働くことを好んだ人でした。彼は農作業の手伝いなどで生計を立てながら日出町大神の山林に自らの手でアトリエを造りました。

 ちなみに彼は、その木々に囲まれたアトリエに『花の木砦』という名前を与えています。『花の木』は地名に由来しますが、制作の場に『砦』と名付けるのは珍しいことです。彼は何と闘おうとしていたのでしょうか?あるいは、何を守ろうとしていたのでしょうか?それは今となってはわかりません。しかし、彼が、その『砦』で自己を深く見つめ、自然や宇宙と対話を重ね、旺盛な創作活動を続けたことは確かです。いわば、辺境にあって淡々堂々と労働と芸術の日々を完遂したのです。アート業でも先生業でもない形で自己の表現を確立した佐藤俊造の生き方は芸術家として至極真っ当で新しい生き方だったと言えるかもしれません。

 彼の命が続いていれば、その存在は多くの人々に影響を与えたことでしょうが、惜しくも2010年に癌の病にて没しました。56歳でした。残された200点を超える作品は独創的で、いずれも完成度の高い作品ばかりです。にもかかわらず、彼の偉業は県下でもほとんど知られていません。

 この度、没後10年にあたり、佐藤俊造の作品と人間像を多くの人に知っていただくために2つの大規模な展覧会を開催します。より多くの方に彼の芸術世界を楽しんいただきたいと願っています。

佐藤俊造展実行委員会

代表  二宮圭一
事務局 木村秀和

一点美術展

 一点美術展は県下のさまざまな場所に佐藤俊造氏の作品を一点だけ展示するというものです。いわば、作品の方から地域に出向いていく展覧会です。

展覧会名
文化ではぐくむ令和のこころ
第22回
大分県民芸術文化祭共催行事

「虹 夏草 泥亀 佐藤俊造一点美術展」

会期
2020年11月1日(日)~12月20日(日)

入場料
無料の場所と入場料が必要な施設があります
飲食店の場合はご配慮願います

主催
佐藤俊造展実行委員会

共催
大分県民芸術文化祭実行委員会

協力
佐藤俊造 花の木美術館
大分県速見郡日出町大神6251-2

全貌展

 全貌展はアートプラザの全館を会場として佐藤俊造の全貌を紹介するものです。彼の生きざまと表現が体感できる展覧会です。

展覧会名
「虹 夏草 泥亀 佐藤俊造の全貌展」

会場
アートプラザ 大分市荷揚町 3 番 31 号

会期
2021年3月17日(水)~3月30日(火)

10:00~19:00(会期中休館日なし)

入場料
無料

主催
佐藤俊造展実行委員会

共催
アートプラザ

協力
佐藤俊造 花の木美術館

大分県速見郡日出町大神6251-2

大分市アートプラザ

大分駅から徒歩10分
バス 大分市役所大分合同新聞社前下車 徒歩2分
大分自動車道 大分ICから車で15分
大分空港より空港バス 荷揚町ダイワロイネットホテル前下車

MORE INFORMATION

資料ダウンロード

佐藤俊造略歴

作品ダイジェスト

作品集1

作品集2

ドローイング集

感想ノート

ご意見・ご感想をお寄せください

Copyright 2020 佐藤俊造展 All rights reserved